×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

美容部門でクチコミ急上昇のこだわりのプラセンタサプリTOP > 選び方のポイント > 原材料

原材料にいて

 
当初、プラセンタの原材料は満期の人胎盤でしたが、貧困層に住む少女等を妊娠そして
中絶し、その中絶胎盤を原材料として販売するというニュースがありました。
そんな人道上の問題や肝炎・エイズなどの懸念から、人の胎盤を化粧品や健康食品に使用する事が絶たれていったのです。

次に牛に変わりましたが、狂牛病が問題になったのです。

次は豚です。美容という面から「ブタ」は印象が悪いという事で避けられていたことが、
牛より後になった原因だそうです。
がしかし、ブタの細胞は比較的人間に近く皮膚移植などに使われる事もあるそうですよ。

そして数年前から馬に注目が集まったのです。
その理由は、アミノ酸の数値(濃度)が豚よりも高かった事が分かったからだそうです。
 

選び方のポイント記事一覧

原材料

当初、プラセンタの原材料は満期の人胎盤でしたが、貧困層に住む少女等を妊娠そして中絶し、その中絶胎盤を原材料として販売するというニュースがありました。そんな人道上の問題や肝炎...

原産地

現在国内で販売されている馬プラセンタは、ほとんどが「キルギス共和国」産で、豚は、デンマークやロシア産の海外産原料です。出来れば国内産の、しかも産地が指定されていて血統管理のしっ...

成分分析値

成分分析値とは、プラセンタの能力を量る値です。美容と健康にお勧めするのですから、当然公開すべきものですね。しかし、大半はコレを公開してないのが現状です。それどころか、は...

成分表示

原価を下げる目的でしょう、原材料をグリシンやデキストリンで薄めてあるプラセンタサプリが多くあるそうです。純なプラセンタ効果を期待するのですから、ひどいものですよね。こう...